お知らせ

No Image
公式アカウント

新型コロナウイルス関連(サンパウロ州政府による発表)

1 1月8日(金)、サンパウロ州政府は同州経済活動計画(Plano SP)の更新、各フェーズにおいて許可される経済活動の水準及び同フェーズ見直しのための新たな基準を発表しました。
 
2 サンパウロ州内のほとんどは現状のフェーズ3/黄(緩和段階)となった一方、マリリア市、プレジデンチ・プルデンチ市、レジストロ市及びソロカバ市についてはフェーズ2/オレンジ(制限)となりました。その他については2月5日まではフェーズ3/黄のままですが、関連の指数が悪化すればいつでも変更される可能性があります。

3 新たな基準では、フェーズ2/オレンジ(制限)であってもスポーツジム、美容院、映画・劇場や州立公園の営業は認められます。フェーズ2/オレンジにおいて認められる経済活動は1日8時間となります(以前は4時間)。客の収容率も20%から40%に引き上げられます。ただし、すべての施設は20時には閉める必要があります。また店舗での酒類の消費は禁止されます。

4 フェーズ3/黄色(緩和段階)からフェーズ4/緑(部分的再開段階)に進むための要件は厳格化されました。フェーズ4/緑とされるためには、過去14日間の10万人あたりの入院者数が30人以下であり(以前は40人以下)、かつ10万人あたりの死者数が3人以下(以前は5人以下)である必要があります。

5 フェーズ2/オレンジとされるための水準は引き下げられました。従来は集中治療室(ICU)の使用率が75%を超えた場合とされていましたが、この基準は70%に引き下げられます。ICU使用率が80%を超えた場合にはフェーズ1/赤(最大限の警戒)となります。

【問い合わせ先】
在サンパウロ日本国総領事館 領事部
 電話  (55-11)3254-0100
 メール  cgjassist@sp.mofa.go.jp

※「たびレジ」簡易登録された方でメール配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delite
※ ご帰国,他国に転居等されておられ,帰国(転居)届がお済みでない場合は,誠に恐れ入りますが,以下のとおり手続きをお願いします。

<帰国>
 紙で在留届を提出された方は,当館にFAX,メール等で帰国届を提出して下さい。
 ORRnetを利用されている方は以下のURLから手続きをお願いします。
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

<転居>
 最寄りの在外公館に紙で提出するかORRnetを利用して在留届の提出をお願いします。

  • [登録者]在サンパウロ日本国総領事館
  • [言語]日本語
  • [TEL]3254-0100
  • [エリア]Sao paulo, CEP, Brazil
  • 登録日 : 2021/01/08
  • 掲載日 : 2021/01/08
  • 変更日 : 2021/01/08
  • 総閲覧数 : 13 人